ホームホワイトニングのメリットとデメリット

わざわざ受診する必要が無いというメリット

 

歯の黄ばみが気になって笑顔にも自信が持てない・・という方は、ホワイトニング治療にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

 

色々な施術法がありますが、自宅で行えるホームホワイトニングの人気が急上昇しています。

 

ホームホワイトニングは最初にデンタルクリニックでマウスピースを製作し、ホワイトニング剤を購入した後はデンタルクリニックに行かず、自宅で白くしていく治療法です。

 

治療を受けるにはデンタルクリニックに通う必要があるというイメージがありますが、自宅でも手軽にケア出来るとして人気を集めています。

 

昼間は仕事でデンタルクリニックに通う時間が取れない、ホワイトニング治療を行うデンタルクリニックが身近に無いという方でも、歯の黄ばみを解消出来るのが自宅でケアできる治療法のメリットです。

 

また、夜中や休日など空いている時間にケアできるので忙しい方も、メリットを感じやすい治療法と言えるでしょう。

満足できるまで白くする事が出来る

ホームホワイトニングは満足できるまで、歯を白くする事が出来るという点もメリットとして挙げられます。

 

デンタルクリニックで行う治療は費用が高く、何回も施術を受けるという事が難しいと感じる方が大半です。

 

一方、この治療法の場合は最初に作るマウスピース代と、歯を白くする薬剤しか必要はありません。

 

デンタルクリニックによって違いはあるものの、最初のマウスピース代として約3万円程度、薬剤の購入費として約5000円程度の費用で済みます。

 

治療費が安いので何回でもケアができ結果、理想の白さにしやすいのです。

 

また、自分のペースでケアをしやすいという点も、白さを自由に変えられるポイントとなっています。

 

白さをキープする期間も1年から2年程度と長く、白さをできるだけ持続したいという方も満足できる治療法となっています。

 

ブラッシングだけでは解消できない黄ばみを無くし、白く輝く歯を手に入れてみてはいかがでしょう。

気になるデメリットを確認してみよう

メリットばかりが注目されるホームホワイトニングですが、デメリットが無いのか不安に感じる方もいるでしょう。

 

メリットがあれば当然、デメリットも存在しています。

 

この治療法の場合、即効性が無く効果を感じるまでに期間が必要という点がデメリットです。

 

デンタルクリニックで受ける治療法の場合、1回の施術で白くなったと実感する方が多いのですが、ホームホワイトニングの場合は初めてから最低でも約2週間、続けなければ効果を感じられません。

 

すぐにでも白くしたいという方には、向いていない治療法と言えるでしょう。

 

また、自分で全てのケアをしなくてはいけないという点も、面倒に感じてしまうかもしれません。

 

薬剤を塗る所からマウスピースの装着、その後のケアまで全て自分で行う必要があるため、面倒くさがりな方の場合は続かないという事も考えられます。
施術を受ける場合は、このようなデメリットがある事も覚えておきましょう。