歯のホワイトニングにかかる費用

10万円単位のまとまったお金が必要

 

テレビや雑誌で見るような芸能人はみんな口元が美しくて完璧な笑顔を見せています。

 

タバコを吸ったりワイン好きを公表している人も白い歯をキープしているのは、ホワイトニング治療のおかげです。表面に沈着した色素を除去したり着色を防ぐための措置を行うことで口元が明るくなり、自分に自信が持てるようになります。

 

クリニックでホワイトニングを受けるときは、終了して希望の明るさになるまでに10万円単位のまとまった予算が必要です。

 

1回の治療費はだいたい1万円から3万円台で、セレブが受けるような高度な治療だと1回だけで10万円かかるケースもあります。

 

最低でも3回くらいは受けないと好みの白さにならないので、治療を始めるときには全体にかかる費用をあらかじめ計算して予算を考えましょう。貯金を使ったりデンタルローンに申し込んでお金を工面するなどきちんと計画をしないと途中で予算が足りなくなるトラブルも考えられます。

保険が適用されないので負担が多い

ホワイトニングは美しさを追求するための審美治療なので、健康保険の対象外になります。普通の治療のように3割負担で受けることはできず、治療費は全額自己負担で払うことになるため保険が使えると思ってうっかり治療を始めてしまうと請求書が来たとき驚いてしまいます。

 

すでに歯周病などお口の健康関係で治療を受けていてクリーニングが必要になったときや特殊な事情で保険が適用されるケースもあるので、ホワイトニングを受けるクリニックで最初にカウンセリングや相談をして費用についてもはっきりさせておきましょう。

 

多くのクリニックではきちんと料金の説明があり、どのくらいお金が必要になるのか最初に知らせてもらえます。自分がなりたい白さや明るさによって治療にかかる時間や料金も異なり、来院して受けるのか自宅でホームホワイトニングをするのかでも1回分の値段に差があります。まずは専門家の意見を聞いて最適なプランを選びましょう。

自宅で行ったり定額で受けられるコースも

クリニックで受けるホワイトニングの中にも料金が固定されていて何度も通えるプランや定額制で終了まで値段を気にせず治療が受けられるコース、全体ではなく色ムラのある箇所や気になる部分だけを1本ずつやってもらえる比較的安価なホワイトニングなどいろいろな種類があります。

 

特に専門のクリニックは費用が安く設定されているコースの種類も豊富で、カウンセリングが無料で受けられたりキャンペーンをやっていたりするので料金を安く抑えて憧れの口元を手に入れることも可能です。

 

クリニックに行かず、自宅用のライト照射器を購入して自分で行ったり、ホワイトニング専用の歯磨き粉や海外の医薬品を使って試す方法もあるので、医院に通うよりも安く実践できます。

 

ただし本当に効果があるとは限らず、素人が知識なしに強力な漂白剤などを使うと逆に色ムラができてしまったり好みの白さにならないこともあるので注意も必要です。