歯並びが悪くてもホワイトニングできるか

ホワイトニングは歯並び悪い人でも可能です。

 

歯並びとホワイトニングは相関関係はありません。歯並びの悪い人でも可能です。

 

LEDを使って歯を白くするときに旧式の機械を使っているとむらが出てしまいます。最先端の機械ではこのような村はできません。スタッフの調整にもよりますが奥歯などの黄ばんだ歯を白くすることは歯の並びが悪くても問題ありません。今まで奥歯などが黄ばんでいた状態を白くすることで並びの悪い部分の一本一本の色の差がなくなります。

 

色の差がなくなると奥歯と手前の色の差がなくなると距離の差が分かりづらく歯の並びが悪いことによる影が目立たなくなります。前の同様で歯並びがデコボコしていると各派との距離が異なり影が目立ってしまいます。

 

同じ色合いのにすることで影が見えなくなり全体を見ると今まで並びが気になっていいたところがあまり気にならなくなります。むしろホワイトニングをすることで歯の並びが良くなったように見えてきます。

ホワイトニングをすると何故歯並びが良く見えるのか?

ホワイトニングも様々な治療方法があり、薬品を使用して科学的に行う治療やオフィスホワイトニングの光を立てて歯をしろくする方法などがあります。

 

以前の旧式の機械を使用していた時は光がうまく奥歯まで届かなかったこともありました。

 

現在の使用されているビヨンドライトは大幅に改善されて奥歯にも光が均等に届くようになっています。歯の並びが悪いと奥歯を磨きにくくどうしても色素が残ってしまいます。奥歯の為光も当たりづらく、さらに暗くなります。歯の並びの悪さを強調される子となってしまいます。歯と歯との間の境界線の部分も歯の並びの悪さを強調させていまいます。

 

治療を行うことで歯の白さが均一になり奥場であっても白くなり、歯とは他の間の境界も影が亡くなり全体的に影がなくなります。奥の暗く見える歯も明るくなることによって歯の奥行き感が目立たなくなる効果があります。目の錯覚によって歯の並びが綺麗に見えるようになるわけです。

ホワイトニングを経験した後の2週間はホワイトニングのボーナスタイムです

ホワイトニングを体験すると1〜2週間の間歯のエナメル質が色素分解しやすくなっている状態が続きます。

 

この期間に歯を入念に磨くことによって、どんどん色素が落ちていきます。体験したこの期間はホワイトニングのボーナスタイムです。

 

しっかりと歯磨きを行い丁寧な歯磨きが習慣づけば、歯を白くするばかりではなく、虫歯の予防や歯には最も恐ろしい歯周病の予防にも繋がり、最終的には歯の並びが良く見えるようになっていきます。若い人は信じられないかもしれませんが歯周病の抑制が出来れば年を取っても白く美しい歯でいられます。

 

もし自分が歯の並びが悪いと感じているならホワイトニングを積極的に行うことによって白いだけででなく美しく見える歯並びが同時に手に入るかもしれません。

 

矯正するにはある程度の期間がかかり費用もかなり掛かる為、自宅ホワイトニングなら自宅でも治療ができるため両方の効果が期待できます。